千葉・栄町デリヘルで究極の妄想風俗を楽しむ

千葉・栄町デリヘルがはじまったばかりの頃にこんな風俗があればと妄想した事は誰もがあるはず。現在はマイノリティな性癖さえお店で再現できるほどプレイの個性は細分化しているのだ!

*

栄町のデリヘル好きが思う変態願望

栄町のデリヘル黎明期では、当時のお店は「ホテルに行って電話をし、お店から来た女のコとお話をしながらお風呂を溜めて一緒にシャワーを浴びる。ベッドでゴロンとすればデリヘル嬢が舌で体を這い回る感覚からフェラが始まり、そして素股でフィニッシュ。もう一度シャワーを浴びて終了!」という流れで画一的なプレイの流れが主流だったが、これに違和感を覚えた当時の一部のエロ青年たちは「こんなことができたらなぁ?」とか「こんな場所でプレイしてみたいなぁ?」などと妄想を膨らませることが多かったはずだ…。しかし、時代は流れ現代へ。ネットなどのマルチメディアが普及し今まではごく少数のマニアックな人たちにしか認められなかった性癖が現実のものとなる。ユーザーの好みはより表現化&細分化し(もともとあったマニアックな願望を「出してもいいんだ」と考えるようになったともいわれている)、プレイスタイルの種類が徐々に増え(これはその分、誰もがしたいと思うような「爆発的な人気」を博すプレイスタイルは少なくなったことの証左でもある)はじめた。するとそれに合わせて栄町のデリヘル店は、手を替え品を替えさらに様々な希少なプレイスタイルを発掘していく。ただ、もともとの需要が少数なこともあり、実際は長続きせず、出ては消え消えては出るの繰り返しのものも多かった。
当時は「こんなんやるやついるの?」と思うようなマニアック風俗もしっかりと営業が成り立つ様になったらしい。今回はそんな「極北のデリヘルプレイ」に焦点を当てて皆さまに紹介する。それにより奥深きフェチの世界を覗いてみようと思うのだ。思えば人間の科学も「人が空想上でも”思える”ことは、すべて実現可能な事」だと定義している。それはきっと栄町の風俗にも当てはまるはず!エロいなぁと思う人がまわりに一人でもいれば実際の需要はその何十倍にもなるもの。こんな需要やアイデアをお風俗店だって見逃さない。今はその目論見が外れて少しづつ消えてゆく「極北デリ」。もし気になるものがあれば、完全に絶滅する前に体験しておいて欲しい。中には消滅したら最後、もう二度とお目にかかれないようなマニアックなものも存在するはずだから。
マニアックな風俗を探すならば栄町にあるデリヘルが一番高確率で見つかると思う。

一般的な男性だと女性の裸体に触りたいという願望はあって当たり前だが『覗き部屋』という趣旨のお店は女性に触れる事すらできないのにお客が入るのは覗きたいって願望と興味からですよね。
栄町のデリヘルもSMなどの特殊な性癖を相手する専門店は多々あれど女性への負担が多くなるとなれば価格面でも当然高額となっていきます。しかしデリヘルは密室に当然二人きりでプレイだけでなく会話を楽しむという趣旨もある為に、ちょっと変わったプレイでも女性がちょっと興味を持てば対応してくれるのです。変態と思われても女の子に無理強いさえしなければ大抵はなんとかなるんですよね。
但しこういう場合、ルックスなどが非常に良い人気嬢はまず無理です。
栄町のデリヘルは非常に有名だけにお客様も多いですがデリヘルで働きたいという女性も非常に多いだけに、ルックスなどに問題があれば全く稼げなくなります。稼げない女性はこちらが思っている以上に必死に顧客を得る為とプレイの充実度など、天性の素材がない分だけ努力で補い顧客獲得を目指すのです。芸能人級のルックスを持つ女性を選ぶのか、自分自身の性癖を叶える事に注力するのかという事で優先するものに全ては決して揃わないのは仕方ないですが、千葉県でも屈指の激戦区である栄町のデリヘルならば高確率で望みを叶えられるかもしれないという事です。

公開日:
最終更新日:2016/11/12